介護職を辞めたいなら3年も我慢をする必要はない!

今の仕事を我慢して一生続けますか?

 

転職のサポートをしているとこのような相談を良く受けます。

 

  • 職場の雰囲気や人間関係が合っていない
  • 仕事の内容が合っていなかった
  • 命の重さに直面しプレッシャーを感じる
  • 他にやりたい事や夢がある

 

それでも辞められないのは、

  • まだ働いて日が浅い事
  • 教えてくれた先輩や上司に申し訳がない
  • 介護の仕事しかしていないのに転職が出来るのか不安
  • 他の職種に行っても同じ事の繰り返しになりそう

という理由が多いです。

 

でも、辞めたいと悩んでいる方は、誰かのサポートをしたいという思いや、役に立つ仕事をしたいというサービス精神や責任感があり、そのような人材を求めている求人は多くあります

 

たまたま今の施設や業種が合わないだけで、必要とされている場は多くあります。

 

ただし、その職種に就きたいなら急いた方が賢明です。

 

というのも、第二新卒として新卒と変わらない条件で他の業界へ転職が出来るのは、働きだして間もない今だけです。

 

介護職は専門性の強い特殊な仕事であるため、3年も介護業界で働いていると他業種への転職はほぼ出来なくなります

 

さらに、転職活動は早くても3ヶ月ほどはかかります。

 

現状を変えたいのであれば、今しかないチャンスを逃す手はありません。

 

介護職 辞めたい

 

マイナビエージェント

介護の仕事で悩んでいるのなら、3年後の自分を考える事が重要

介護職の仕事を辞めたいと悩んでいるのであれば、漠然と将来を考えるのでなく、しっかりと将来どうなりたいのかを考える必要があります

 

将来について考える一番簡単な方法は、3年上の先輩や10年上の上司の仕事内容や給料、待遇で満足できるのか?不満はでないのか?を考える事です。

 

働き出して1年も経っていない状況では、「今辞めるのは気が引ける」、「逃げのような気がする」、「もっと我慢をするべきかも・・・」と悩んでしまいますよね。

 

ですが、重要なのは、アナタが将来どうなっていたいのか?という事

 

介護職は専門性が強く、3年も働くと他業種への転職は限りなく難しくなります。

 

転職は、企業が即戦力となる人材を探す場なので新卒のような熱意や将来性は評価ポイントとしては低くなってしまうのです。

 

もし、先輩や上司と未来の自分を比較して、満足している自分が想像できないのであれば、別の道を選ぶのも一つの解決手段です。

 

 

また、それでも辞めるか辞めないかで悩んだのなら、介護職を続けるメリットデメリットで考えるのも重要です。

介護職を辞めないで続けるメリット

 

・介護職のスペシャリストとしてスキルアップを目指していける。

 

介護職を続けるメリットとしては、より専門的な知識を身に着けてつけてフロアマネージャーなどの責任のある仕事に就けるという事です。

 

後輩の育成にも携わる為、介護業界でスキルアップをしていきたいという方には今の仕事内容を続ける事をおすすめします。

介護職を辞めないで続けるデメリット

 

・今後、他業種への転職は難しい

 

・待遇や年収では我慢が必要な場面も出てくる

 

介護職は専門的な知識であるため、潰しがききません。つまり3年も介護業界に携わると、その時に辞めたいと考えても他の業種に移る事は困難であり、同じ施設に留まるか他の施設に移るしか方法はなくなります。

 

また、介護職の平均年収は320万円(月15万円から20万円)で、生涯年収は1億2000万円程度とされています。

 

一般的なサラリーマンの平均年収は511万円で、生涯年収は3億円程とされています。

 

「介護の仕事が好きだから続ける」とある程度割り切らなければ、生涯年収の面でも不満が残ってしまう可能性があります。

介護職を辞めるメリット

 

・今の辛い状況や納得できない環境を変える事ができる

 

・やりたい事を仕事にしたり、挑戦する事ができる

 

 

介護職を辞めるメリットは、人間関係や職場環境、勤務体系や待遇などの辛い状況から抜け出す事ができるという面もありますが、「一番は自分がやりたい事を仕事にできる」という事が上げられます。

 

一例をあげると、介護職に就く方は誰かのサポートをする事や役に立つ事が好きで、「ありがとう」と言われたり「褒められる」事にやりがいを感じる傾向があります。

 

このような性格の方は、人生の門出となる「ブライダル」や人生で一番大きな買い物になる「住宅売買」などの大きなライフイベントにコンシェルジュや事務職として携わる事で、能力を発揮される方が多いです。

 

また、コミュニケーションを取る事が苦手な方は、IT業界や物流業界で人々の生活を豊かにする縁の下の力持ちという役割で力を発揮される方もいます。

 

「介護」という業種以外にも、アナタの能力を必要としている業界は多くあるのです。

 

介護職の仕事を辞めて転職をした方の口コミをチェック

 

 

 

 

S様 介護職からアパレル業界へ転職

 

介護職の過酷な仕事内容に耐えられなくなり、入社してから3ヶ月で仕事を辞める決意をしました。誰かの役に立つ事は好きだったのと、ファッションに興味があったのでアパレル業界へと転職をしました。残業や夜勤などはありませんしワークライフバランスはかなり改善されました。お客様から「ありがとう」という言葉を貰えることが、私のやりがいで今は毎日充実しています。

 

 

 

 

T様 介護職からIT業界へ転職

 

職場の人間関係が耐えられなくなり、6ヶ月で仕事を辞めました。上司に怒鳴られる日々と、派閥に入らないといじめられる職場環境に精神的にも限界が来ていました。人間関係が向いていないと感じて、IT業界への転職を決めました。会社員であるため、全く人間関係がないという事はありませんが、介護職時代の辛い状態とは比較にならない程環境が改善され、精神的にも楽になりました。

 

 

 

 

R様 介護職からブライダル業界へ転職

 

入職してからも、ブライダルへの夢が諦められずに4ヶ月で退職を決意しました。ブライダルは新郎新婦の門出を祝う場所であり、人生で大きなイベントのお手伝いが出来ている事にやりがいと楽しみを感じています。介護職をあのまま続けていたら、今の職に就く事は出来ていなかったので、決断をして良かったと思います。

介護職を辞めるデメリット

 

・介護職に戻るとすると同期と差ができてしまう。

 

・転職で失敗してしまうリスクがある。

 

介護職を辞めるデメリットは、今後介護業界に戻るとすると遅れが出るという事。同期よりは経験が劣る為、介護業界でのステップアップを考えるのであれば、一度辞めてしまう事はデメリットとなります。

 

また、転職先が実は希望と合わずに、入ってから後悔をしてしまったり、せっかく入社した会社を辞めて介護業界に戻ってしまうというリスクもあります。

 

このようなリスクを避ける為には、事前にアナタがどのような業界に向いていて、どのような会社が一番希望に合うのかを冷静に判断をする必要があります。

 

リスクを回避するには冷静は判断を

 

転職をギャンブルにしない為にも、第三者の意見を交えてどのような業界と会社を目指すのかを冷静に考える事をおすすめします。

 

転職エージェントのサポートは無料で提供がされており、豊富なノウハウから的確なアドバイスをしてくれます。

 

新卒という武器が使える今だからこそ、今の職種に満足をしていないのであれば多職種への転職を考えてみてはいかがでしょうか?

 

転職には最低でも3ヶ月から半年以上はかかる為、このチャンスを逃さない事をおすすめします。

介護職を辞めたいときに考えるメリットデメリット

 

  メリット デメリット
辞める

・今の職場環境から抜け出せる
・やりたい仕事に挑戦できる
・給料や待遇面で改善が可能

・介護職に戻る場合はスキルアップが遅れる
・失敗すると転職を繰り返す可能性がある

辞めない ・介護職としてスキルアップ可能

・今の状況が続く
・今後違う業界への転職が困難になる
・給料や待遇で我慢が必要になる

 

介護職 辞めたい

介護の仕事を辞めるにしても、辞めないにしてもメリットデメリットはありますが、今の職場環境や仕事内容に満足をしていない場合や、将来の給料や待遇面を考えるのであれば、今ならまだ他職種への転職は間に合います。

介護を辞めたいのなら3年も我慢する必要がありません|まとめ

介護職は潰しがきかない職種であるため、介護職を辞めたいのであれば3年も我慢する必要はない

 

新卒であれば、第二新卒として新卒と同様の扱いを受ける事が可能なので違う職種に転職できるチャンスがある

 

ただし、転職には最低でも3ヶ月から半年はかかるので早めの準備がおすすめ

 

転職で失敗しない為には、冷静に将来について考える必要があり、エージェントが入る事で今までのノウハウから多くのアドバイスを受ける事が可能

 

今の人間関係や職場関係に満足していないのであれば、新卒というチャンスを活かしてアナタがやりたい事に挑戦してみる事をおすすめします。

 

介護職 辞めたい

 

マイナビエージェント